top of page

の検索結果

「」に対する検索結果が99件見つかりました

  • 04 Maria Theresia Stollen | glueckauf

    04皇后マリア・テレジア–トンネル スタッド名: 「上皇帝フランツ-シュトーレン」1808年まで 1808年の「マリア・テレジア・シュトーレン皇后」 マリア・テレジア皇后、1740年から1780年に君臨 打たれた: 1775年9月26日 長さ: 1,590メートル 高度: 680メートル ​ 1772年、Ischler Verwesamtは、3年前に検討されていた新しい山岳追加料金の承認申請を更新しました。これは、「高山が徐々に集まり、もはや楽しくないため」です。岩塩ドームが、当時最も深いトンネルから、の管理者であるカイザーヨーゼフトンネルの深部まで伸びていることを証明するためにKhiebach –発掘が沈んだ。このトンネリングは、岩塩ドームが少なくとも30mの深さであることを示しました。 ​ 要求はすぐに承認され、1775年9月26日、当時の塩の書記官であったヨーゼフバルトールエドレンフォンリーサラーの前で、新しい皇帝フランツシュトーレンは、1808年からマリアテレジア皇后に改名されました。 マリアテレジアトンネルの元の高さは1.95m、幅は0.95mでした。これにより、断面積は約1.9m²になりました。その勾配は2.4%です。 その場で硬い石灰岩は、平均して年間わずかな前進を可能にしました 18本の杭または21.50m、これはわずか10cmの毎日のドライブに相当します。 主軸を急速に前進させるために、いくつかのカウンター構造が作動しました。 1776年に、最初のカウンタービルがカシュニッツから建てられました。シュルフは山を登り、その日を迎えました。 1777年、このカウンター構造を上り坂で運転すると、強い水の流入に遭遇し、それ以上の作業が非常に困難になりました。流入する水は、カシュニッツシュルフを越えてカイザーヨーゼフトンネルに手で持ち上げる必要がありました。 1778年に日中のドライブ中に強い水の流入も開始されたとき、日中のドライブで迅速な突破口を開くために、このフィールドの場所はより多くの家で覆われなければなりませんでした。 1779年に反対の場所への突破口が開かれたため、トンネルの水は問題なく新しいメインシャフトを介してすぐに地表に流れ出ることができました。 2つ目のカウンタービルは、ピザのシャベルからその日に向かって作成されました。そこでは水も見つかりました。しかし、この水の流入は大きな問題を引き起こしませんでした。なぜなら、ブレークスルーは、カシュニッツ-シュルフから上り坂のドライブのフィールド位置で早くも1779年に来たからです。 最後に、1780年に、3番目のカウンタービルがSalzoberamtsrath Hintermayr – Schurfから日中、Pizza –Schurfから山に向かって建設されました。 1781年、Hintermayr-Schurfから、カウンタービル-Feldortで日中、水の流入が近づきました。これは非常に大きくなり、Hintermayr-Schurfを越えて水が上昇し、KaiserJosefに流出することが許可されました。 -表面へのメインシャフトシャフト。 1781年、上り坂と上り坂の4番目のカウンターサイト作戦が、新しく沈没したプレスル–シュルフを経由して操業を開始しました。昼間のフェルドルトは、1784年にピザ-シュルフから上り坂のドライブでやって来ました。 水の流入のために祝われていたHintermayrSchurfの昼間のフィールドサイトでのより速い突破口のために、Preßl-Schurfは強めに上り坂に押し上げられました。 1790年にようやく突破口が訪れ、1781年にヒンターマイヤーに建設された水-シュルフは新しいマリアテレジアのメインシャフトを経由して水面に簡単に流れ出ることができました。 水の流入に関する多くの問題にもかかわらず、1,335 Stabel(1,591.3m)の長さのメインシャフトは、石灰岩の硬い層を通り抜け、4つの複雑なカウンターサイト構造のおかげで16年で塩に打ち込まれました。 ヒンターマイヤーの採石場からそう遠くないところに、トンネリング中に重度の硫黄を含んだ鉱物の湧水がありました。 1819年にオベラムで行われた決定によると、マリアテレジアトンネルのスタンプファーとリヒテンフェルスの曲がり角は、塩の貯蔵範囲を決定することでした。 1777年、塩水製造の達人であるパンツェンベルガーは、マリアテレジアトンネルの近くにある山の家と鍛冶場の計画を立てました。 1階建ての建物には、37人の使用人のための宿舎と、監督のための2つの部屋がありました。 1778年に資金不足のために建物の完成がやや遅れた後、フラウエンホルツトンネルとエリザベストンネルの古い山の家は不要だったために取り壊されました。 ベルクハウスのコア物質は、15.2 x 9.8 mの平面図面積を占め、6.9 mの軒の高さと10.7mの尾根の高さに達しました。二重屋根構造は、ラーチボードで覆われ、軒の領域では板金ストリップ。生活状況は、24人の使用人が44.5㎡の1階で寝ていたのに対し、監督だけが18.5㎡の寝室を自由に使えるという事実によって説明することができます。 1783年、いわゆる「スタインバルフェン」の鉱山労働者の家が初めて占領されました。 1823年に、抽出された塩水破片を浸出させるために、マリアテレジアトンネルの入り口に散水室が建設されました。 1847年にKlebersberg-塩貯蔵の開発のためのKehrは南東にありました。 1841年、製塩所のディレクターであるフランツリッターフォンシュウィンドの主導により、マリアテレジアのメインシャフトにゲージ606 mmのコンベヤートラックが敷設され、工場の清掃中に蓄積された作業の余地が促進されました。いっぱいになったワゴンはトンネルから独立して転がり出しましたが、空のワゴンは作業員が押し込むことができました。 その結果、以前に実施されていた、かなり不快な副作用を伴うレイストフラッディングがピットから押し出される可能性がありました。 しかし、主軸の傾斜は、内側に移動する大きなハンテの上昇を減らすために、コンベヤートラックの高価な床レベリングによって事前に補償する必要がありました。鉄製レールフィッティングのファゾムは1fl。25krです。最初の試みでは、幅1インチ(2.6 cm)、厚さ1/4インチ(65 mm)、長さ6フィート(2 m)のスリングロッドを使用して木の棒を取り付けました。 Hunteには、直径14インチ(36.8 cm)のホイールがあり、前の4つのチェストの容量がありました。ゲージは23ウィーンインチ(606 mm)でした。レベル勾配を使用すると、いっぱいになったワゴンがゆっくりと展開し、空のカートを1人の男性が内側に押すことができます。 最後に、Ischler Salzbergは、マリアテレジアトンネル近くの工場の建物の設計を、製塩所の責任者であるSchwindの管理に負っています。そこの山の鍛造は1840年に崩壊寸前であり、新しい建物を延期することはできませんでした。製図技師ドレクスラーの計画によれば、山の鍛造と山の家の大規模な改築は1843年から1845年に行われました。 マリアテレジアトンネルの近くの新しい山の家は1850年頃に建てられました。建物の計画には、山岳労働者と監督者のためのアパート、相談とマークの分離室、そしてパーラーと材料室が含まれていました。 1850年頃の皇后マリアテレジアトンネルの堰の状況: 合計6つの堰があり、そのうち3つが稼働中で、3つが私道にあります。 Kolloredo-堰、Rammer-堰およびKoehler-堰(すべて稼働中); Hocheder-堰とBerghofer-堰(それぞれ長く、私道で開いています); 須田-堰(私道で長く開いている)。 1850年に鉱業当局はヴェルナーの沈没を承認しました- Schachtes von Elisabeth – マリアテレジアトンネルで。 製塩所シュウィンドのディレクターが作品を掃除するときに巻き上げリールを交換するために導入したウォーターバレルエレベーターは、ウィスナーの上に作品を置くためにイシュラーザルツベルクで特に重要になりました- 上部地平線の洞窟領域へのオフセットとしてのシャフト。 1847年、シュウィンドは重量と無限のロープまたはチェーンのバランスをとることにより、このタイプの輸送を改善しました。 まだ採掘されていたマリアテレジアの地平線上のトンネルは1930年に閉鎖され、廃水を排出する目的でアマリアトンネルのみが開いたままになっています。 Ischler Salzbergに関する広範な地質学的研究は、1948年に予定されている主要な調査に先立って行われました。 100年前から製塩所で通例であったように、この機会に今後5年間の操業計画が決定されました。灌漑操作に必要な水の供給と個々の地平線への操作資源の輸送は、安定した岩に沈められたブラインドシャフトに置かれることになっていた。この目的のために、マリアテレジアトンネルは機関車の通行に適したプロファイルにトレースされ、個々の地平線から計画された新しいシャフトまでの横断通路が作成されました。これにより、操作がより簡単かつ安価になります。 非常に特別なイベントは、マリアテレジアトンネルへの最初の鉱山機関車の配達でした。 1951/52年の冬、このメイントンネルの解体作業と砲撃が始まりました。プロモーション用にディーゼル運転のRuhrthal鉱山機関車を購入しました。タイプGZ22鉱山機関車は、22馬力、運転重量5.3トンでした。配達時には、天候のためにパーネックの足は通行できず、5.3トンの機関車を氾濫原に降ろさなければなりませんでした。彼女は多くの人々、馬、牛と共にパーネックの足を越えてマリア・テレジアのトンネルに運ばれました。 Ruhrthal鉱山機関車は、鉱山輸送だけでなく、何十年にもわたって訪問者をショー鉱山に輸送する役割を果たしました。 1982年に40馬力のJenbacherDH40Gディーゼル機関車に置き換えられました。 1954年7月に大洪水が発生しました。マリアテレジアトンネルの下には、山の結果として大きな貯水池が形成されていました。これは、機関車の運転に必要なマリア・テレジアの主軸の拡張により、過度に大きくなりました。 7月8日の夜、ヒープ全体がSulzbachに滑り込み、洪水に流されました。その結果、Pernecker石膏塗料は岩石材料で完全に埋められました。残りは小川の河床を埋め尽くしたので、スルツバッハはペルネックの堤防を破裂させた。 1957年以降、レオポルドトンネルの上のペルネッカートンネル、したがってマリアテレジアの地平線にあるすべての浸出プラントが使用され、その後、下の地平線で生成されたブラインはフランツヨーゼフエルブストレンを介して排出されました。 1966年頃の皇后マリアテレジアトンネルの堰の状況: 合計22の堰、Wallnerのみが稼働中の堰であり、他のすべての堰は死亡したと宣言されました。 Ott-堰、Wallner-堰、Heger-堰、Prinzinger-堰、Schnabl-堰、Kelb-堰、Hocheder-堰、Klein-堰、Grüner-堰、Suda-堰、Schedl-堰、Schernthaner-およびFlechner-堰(ブレンド)、 Kolloredo-堰、Arbesser-堰、Buschmann-堰、Stampfer-堰、Stapf-堰、Köhler-堰、Posch-堰、Rittinger-堰、Berghofer-堰。 トンネル拡張後、1957年から1960年に マリアテレジアトンネルからフランツヨーゼフエルブストレンまでの高さ203.8mの中央シャフトは、私たちのスタッフによって沈められました。中央のシャフトは、PerneckerトンネルとFranzJosef-Lauffen近くのErbstollenを接続します。その結果、中央軸に接続されていなかった第1地下鉱山での浸出作業が終了した後、維持が困難であったディストラー軸は1990年頃から放棄される可能性がありました。 1989年7月1日、Perneckerトンネルの426年間の中断のない採掘活動の後、採掘作業はマリアテレジアトンネルの鉱山労働者の家からラウフェンのFranzJosefErbstollenに新しく建設された操業施設に移転しました。 Perneck鉱山会社が移転するまで、外国人鉱山労働者はKnappenhausで夜を過ごすことができました。 1989年の夏、労働力は2人の職長と26人の労働者で構成されていました。和解後、パーネックの採掘エリアは、フランツヨーゼフ皇帝-エルブストーレンによって中央のシャフトを通り抜けました。 運転を容易にするために、中央シャフトは自走式操作のために1990年に自動化されました。 1989年から空いていた鉱山労働者の家は1999年の冬に取り壊されました。 地上施設がカイザーフランツヨーゼフ-エルブストーレンに移転した後、マリアテレジア-シュトーレンの観光サービスは夏の間も運営され続け、部分的に再設計され、1993年には「テクニカル」の展示とディスプレイボードを備えたショールームがありました博物館」ウィーンの塩と塩水の生産についてのセットアップ。 バートイシュル(ペルネック)のショーマインは、 安全でないアクセスのために2000年7月31日に閉鎖されなければならず、地滑りが急な道路を移転しました。潜在的な訪問者(年間最大40,000人)はハルシュタットに来る必要があります。しかし、この希望は部分的にしか実現されていません。 2000年7月31日、現在Salinen Tourismus GmbHが運営しているIschl塩採掘場での鉱山訪問者の操業は、予想される必要な投資と、おそらく訪問者の頻度が不十分なために中止されました。ハリケーンによるアクセス道路の荒廃は、表面上、一般の閉鎖の理由として引用されました。毎年パーネックショー鉱山を訪れた最大40,000人の訪問者は、ハルシュタットまたはアルタウッセに切り替える必要があります。 使用されたソース: カール・シュラムル「1750年からフランス戦争後の時代までの上部オーストリアの製塩所」、ウィーン1934年 カール・シュラムル「1818年から1850年の製塩所の終わりまでの上部オーストリア製塩所」、1936年ウィーン イッシュルホームクラブ「バートイシュルホームブック2004」、バートイシュル2004 Leopold Schiendorfer「Perneck-時代を超えた村」、Linz 2006 ヨハン・ステイナー「オーバーエスターライヒのスイスを旅する仲間」、リンツ1820、グムンデン1981を復刻 L. Janiss「オーストリアの塩採掘会社のための技術ヘルプブック」、ウィーン1934年 ゲオルク首相「イシュルの年代記」、イシュル1881、バート・イシュル1983の復刻 マイケル・ケファー「kk Salzberg zu Ischlの主な地図の説明」、1820年、Thomas Nussbaumerによる転写、2016年9月13日現在 フリードリヒ・イダム「マリア・テレジア・シュトーレン」、原稿インターネット Ivo Rotter「イシュルの塩の祝福」、バート・イシュル1962 KurtThomanek「GrainsofSalt」、レオーベン2007 ​ ​1772 erneuerte das Ischler Verwesamt seinen Antrag auf Genehmigung des schon vor drei Jahren erwogenen neuen Bergaufschlages, „weil die oberen Berge allgemach zusammengehen und außer Genuss kommen“. Zum Nachweis des sich in die Tiefe erstreckenden Salzstockes wurde vom damals tiefsten Stollen, dem Kais er Josef Stollen, der Verweser v. Khiebach – Schurf abgeteuft. Dieser Vortrieb zeigte, dass der Salzstock noch mindestens eine Bergdicke von 30 m in die Tiefe reichte. ​ Dem Ansuchen wurde nun rasch stattgegeben und am 26. September 1775 in Anwesenheit des damaligen Salzoberamtmannes Josef Barthol Edlen von Riethaler unter großen Festlichkeiten der neue Kaiser Franz Stollen, ab 1808 in Kaiserin Maria Theresia – Stollen umbenannt, angeschlagen. Der Maria Theresia Stollen hatte eine ursprüngliche Höhe von 1,95 m und eine Breite von 0,95 m; daraus ergab sich eine Querschnittsfläche von rd. 1,9 m². Sein Gefälle beträgt 2,4 %. Das anstehende, harte Kalkgestein erlaubte einen durchschnittlichen Jahresvortrieb von lediglich 18 Stabel oder 21,50 m, dies entsprach einem Tagesvortrieb von nur 10 cm. Zum raschen Vortrieb der Hauptschachtricht wurden mehrere Gegenbaue in Betrieb genommen. 1776 wurde vom Kaschnitz – Schurf berg- und tagwärts der erste Gegenbau angelegt. 1777 traf man beim bergseitigen Vortrieb dieses Gegenbaues auf einen starken Wasserzutritt, der die weiteren Arbeiten massiv erschwerte. Das zufließende Wasser musst händisch über den Kaschnitz – Schurf nach oben in den Kaiser Josef – Stollen gehoben werden. Als 1778 auch am tagseitigen Vortrieb ein starker Wasserzufluss angefahren wurde, musste dieses Feldort, um einen raschen Durchschlag mit dem Vortrieb vom Tag aus zu machen, mit mehr Häuern belegt werden. 1779 erfolgte der Durchschlag zum Gegenort und so konnten ab sofort die Stollenwässer problemlos über die neue Hauptschachtricht nach Obertage abfließen. Ein zweiter Gegenbau wurde vom Pizza – Schurf tagwärts angelegt, wo man ebenfalls Wasser antraf. Dieser Wasserzutritt machte jedoch keine großen Probleme, weil man bereits 1779 mit dem Feldort des vom Kaschnitz – Schurf bergwärts geführten Vortrieb zum Durchschlag kam. 1780 wurde schließlich ein dritter Gegenbau vom Salzoberamtsrath Hintermayr – Schurf tagwärts und vom Pizza – Schurf bergwärts angelegt. 1781 wurde vom Hintermayr – Schurf tagwärts am Gegenbau –- Feldort ein Wasserzutritt angefahren, der so stark anwuchs, dass man das Wasser über den Hintermayr – Schurf ansteigen und auf der Kaiser Josef – Stollen Hauptschachtricht nach Obertage ausrinnen lassen musste. 1781 wurde über den neu abgeteuften Preßl – Schurf der vierte Gegenortbetrieb berg- und tagwärts in Betrieb genommen. Das tagwärtige Feldort kam mit dem vom Pizza – Schurf bergwärts betriebenen Vortrieb 1784 zum Durchschlag. Zum rascheren Durchschlag mit dem, wegen des Wasserzutrittes in Feier stehenden tagwärtigen Feldort beim Hintermayr Schurf, wurde vom Preßl – Schurf bergwärts verstärkt vorgetrieben. 1790 gelangte schließlich der Durchschlag und das 1781 beim Hintermayr – Schurf erbaute Wasser konnte über die neue Maria Theresia – Hauptschachtricht problemlos nach Obertage abfließen. Durch die vier aufwendigen Gegenortbaue konnte trotz der vielen Probleme mit Wasserzuflüssen die 1.335 Stabel (1.591,3m) lange Hauptschachtricht durch harte Kalksteinschichten in 16 Jahren durchgearbeitet und ins Salz getrieben werden. Unweit des Hintermayr - Schurfes wurde beim Streckenvortrieb eine stark schwefelhaltige Mineralwasserquelle angefahren. Nach einem 1819 im Oberamt gefassten Beschluss sollten die Stampfer - und Lichtenfels – Kehr im Maria Theresia – Stollen die Ausdehnung des Salzlagers feststellen. 1777 arbeitete der Salinenbaumeister Panzenberger den Plan des Berghauses und einer Schmiede beim Maria Theresia – Stollen aus. Das einstöckige Gebäude sollte Unterkunftsräume für 37 Knechte und 2 Zimmer für die Aufseher erhalten. Nach einer aus Geldmangel etwas verzögerten Fertigstellung des Gebäudes im Jahre 1778 wurden die alten Berghäuser am Frauenholz – und Elisabeth – Stollen, weil entbehrlich, abgetragen. Die Kernsubstanz des Berghauses nahm eine Grundrissfläche von 15,2 x 9,8 m ein, erreichte eine Traufhöhe von 6,9 m und eine Firsthöhe von 10,7 m. Der zweifach anstehende Dachstuhl war mit Lärchenbrettern beziehungsweise im Traufbereich mit Blechbahnen gedeckt. Zur Illustration der Lebensverhältnisse kann die Tatsache dienen, dass im Erdgeschoß auf 44,5 m² 24 Knechte schliefen, während dem Aufseher allein ein 18,5 m² großer Schlafraum zur Verfügung stand. Im Jahre 1783 wurde das Knappenhaus auf dem sogenannten „Steinbalfen“ erstmals bezogen. 1823 wurde am Mundloch des Maria Theresia – Stollens eine Verwässerungsstube errichtet, um das ausgeförderte salzhaltige Hauwerk noch auslaugen zu können. 1847 befand sich die Klebelsberg – Kehr zur Erschließung des Salzlagers gegen Südosten im Vortrieb. Zur Förderung des bei Werkssäuberungen anfallenden Werkslaists wurde in der Maria Theresia – Hauptschachtricht 1841 auf Initiative von Salinendirektor Franz Ritter von Schwind eine Förderbahn mit einer Spurweite von 606 mm angelegt. Die gefüllten Wagen rollten selbständig aus dem Stollen, während die leeren Hunte von einem Arbeiter einwärts geschoben werden konnten. Dadruch konnte die bisher praktizierte Laistausschwemmung mit ihren recht unangenehmen Begleiterscheinungen aus der Grube verdrängt werden. Allerdings musste für die Förderbahn das Gefälle der Hauptschachtricht durch eine kostspielige Sohlregulierung vorher ausgeglichen werden, um das Ansteigen für die einwärts fahrenden großen Hunte zu reduzieren. Der Klafter Eisenschienenbeschlag kostete 1 fl. 25 kr. Für die ersten Versuche kamen zum Beschlagen des Holzgestänges unbrauchbar gewordene Füderltragstangen von 1 Zoll Breite (2,6 cm), ¼ Zoll (65 mm) Dicke und 6 Fuß (2 m) Länge. Die Hunte besaßen Räder von 14 Zoll (36,8 cm) Durchmesser und einen Fassungsraum von vier bisherigen Truhen. Die Spurweite betrug 23 Wiener Zoll (606 mm). Bei ausgeglichenem Gefälle rollten die gefüllten Wägen von selbst langsam heraus, die leeren Hunte konnten von einem Mann einwärts geschoben werden. Der Fürsorge des Salinendirektors Schwind verdankt der Ischler Salzberg schließlich noch die Ausgestaltung der Werksgebäude beim Maria Theresia Stollen. Die dortige Bergschmiede war 1840 dem Verfalle nahe, ein Neubau unaufschiebbar geworden. Der weitgehende Umbau der Bergschmiede und des Berghauses erfolgte 1843 – 1845 nach Plänen des Salinenzeichners Drexler. Der Bau des neuen Berghauses in der Nähe des Maria Theresia Stollens fällt in die Zeit um 1850. Der Bauplan enthielt Wohnungen für den Bergschaffer und einen Aufseher, ein Konsultations- und Markscheidezimmer, dann noch eine Zimmerstube und ein Materialraum. Situation der Wehren im Kaiserin Maria Theresia – Stollen um 1850: Insgesamt 6 Wehren, davon 3 in Betrieb und 3 in Auffahrung. Kolloredo - Wehr, Stampfer – Wehr und Köhler – Wehr (alle in Betrieb); Hocheder – Wehr und Berghofer - Wehr (jeweils Lang- und Sitzoffen in Auffahrung); Suda - Wehr (Langoffen in Auffahrung). 1850 genehmigte die Bergbaudirektion die Abteufung des Werner – Schachtes vom Elisabeth – auf den Maria Theresia – Stollen. Der von Salinendirektor Schwind an Stelle des Förderhaspels bei der Werkssäuberung eingeführte Wassertonnenaufzug gewann am Ischler Salzberg besondere Bedeutung für die Zubringung von Werkslaist über den Wiesner – Schacht als Versatz in die Verbruchsräume der oberen Horizonte. 1847 verbesserte Schwind diese Förderungsart durch den Gewichtsausgleich mittels endlosem Seil oder Kette. Die über dem Maria Theresia Horizont noch in Abbau befindlichen Stollen wurden 1930 aufgelassen, nur der Amalia Stollen wird zwecks Ableitung der Raubwässer weiter offengehalten. Am Ischler Salzberg gingen umfangreiche geologische Arbeiten der im Jahre 1948 anberaumten Hauptbefahrung voraus. Wie seit 100 Jahren in Salinenbetrieben üblich, wurden bei dieser Gelegenheit die Betriebspläne für die nächsten 5 Jahre festgelegt. Die Zuleitung der für den Wässerungsbetrieb benötigten Wasser sowie der Transport von Betriebsmitteln auf die einzelnen Horizonte sollte in einem im standfesten Gebirge abgeteuften Blindschacht verlegt werden. Zu diesem Zwecke wurde der Maria Theresia – Stollen auf ein für den Lokverkehr geeignetes Profil nachgerissen und Querschläge von den einzelnen Horizonten zum geplanten, neuen Schacht erstellt. Dadurch sollte der Betrieb vereinfacht und verbilligt werden. Ein Ereignis der besonderen Art war die Lieferung der ersten Grubenlok zum Maria Theresia Stollen. Im Winter 1951/52 begannen die Nachrissarbeiten und Torkretierung dieses Hauptstollens. Für die Förderung wurde eine Ruhrthaler Grubenlok mit Dieselbetrieb gekauft. Die Grubenlok der Type GZ 22 hatte 22 PS und ein Dienstgewicht von 5,3 t. Zum Zeitpunkt der Anlieferung war der Perneckfuß aus Witterungsgründen nicht befahrbar und die 5,3 t schwere Lok musste in der Au abgeladen werden. Sie wurde mit vielen Menschen, Pferden und Ochsen über den Perneckfuß zum Maria Theresia Stollen befördert. Die Ruhrthaler Grubenlok diente neben Grubenförderung auch viele Jahrzehnte zur Beförderung der Besucher des Schaubergwerkes. Sie wurde erst 1982 durch eine 40 PS starke Jenbacher Diesellok der Type DH 40 G ersetzt. ​ kms Ruhrthaler Grubenlok mit Fremdengruppe, Kaiserin Mar ia Theresia Stollen, 1955, Archiv Salinen Austria Die Ruhrthaler Grubenlok diente neben Grubenförderung auch viele Jahrzehnte zur Beförderung der Besucher des Schaubergwerkes. Sie wurde erst 1982 durch eine 40 PS starke Jenbacher Diesellok der Type DH 40 G ersetzt. ​ Jenbacher Grubenlok, Einfahrt, Kaiserin Maria Theresia Stollen, um 1990 Im Juli 1954 gab es ein großes Hochwasser. Unterhalb des Maria Theresia – Stollens hatte sich durch die Halde ein großer Stausee gebildet. Diese war durch die für den Lokbetrieb nötige Erweiterung der Maria Theresia – Hauptschachtricht übermäßig stark angewachsen. Während der Nacht zum 8. Juli rutschte die gesamte Halde in den Sulzbach und wurde vom Hochwasser mitgerissen. In weiterer Folge wurde die Pernecker – Gipslacke mit dem Gesteinsmaterial gänzlich verschüttet. Der Rest füllte das Bachbett auf, sodass der Sulzbach in Perneck über die Ufer trat. Ab dem Jahr 1957 waren alle Laugwerke der Pernecker Stollen über dem Leopold – Stollen und somit auch im Maria Theresia – Horizont ausbenützt und die in den tiefer liegenden Horizonten erzeugte Sole wurde seither über den Franz Josef Erbstollen abgegeben. Situation der Wehren im Kaiserin Maria Theresia – Stollen um 1966: Insgesamt 22 Wehren, nur mehr Wallner – Wehr in Betrieb, alle anderen totgesprochen. Ott - Wehr, Wallner - Wehr, Heger - Wehr, Prinzinger - Wehr, Schnabl - Wehr, Kelb - Wehr, Hocheder - Wehr, Klein - Wehr, Grüner - Wehr, Suda - Wehr, Schedl - Wehr, Schernthaner - und Flechner - Wehr (verschnitten), Kolloredo - Wehr, Arbesser - Wehr, Buschmann - Wehr, Stampfer - Wehr, Stapf - Wehr, Köhler - Wehr, Posch – Wehr sowie Rittinger – Wehr und Berghofer – Wehr als Fremdenwerke. Nach der Stollenerweiterung konnte in den Jahren 1957 bis 1960 der Zentralschacht vom Maria Theresia – Stollen zum Franz Josef – Erbstollen mit einer Höhe von 203,8m durch eigenes Personal abgeteuft werden. Der Zentralschacht stellt die Verbindung der Pernecker Stollen mit dem Franz Josef – Erbstollen bei Lauffen her. Dadurch konnte, nach Auslaufen des Laugbetriebes im 1. Tiefbau, der keinen Anschluss an den Zentral – Schacht hatte, der aufwendig zu erhaltende Distler – Schacht ab etwa 1990 aufgelassen werden. Am 1. Juli 1989 übersiedelte der Bergbaubetrieb nach 426 Jahren ununterbrochener Bergbautätigkeit für die Pernecker – Stollen vom Knappenhaus beim Maria Theresia – Stollen zu den neuerrichteten Betriebsanlagen beim Franz Josef – Erbstollen nach Lauffen. Bis zur Absiedlung des Pernecker Bergbaubetriebes konnten die auswärtigen Bergarbeiter im Knappenhaus nächtigen. Im Sommer 1989 bestand die Belegschaft aus 2 Steigern und 26 Arbeitern. Nach der Absiedelung wurde das Grubenrevier Perneck durch den Zentral – Schacht vom Kaiser Franz Josef – Erbstollen befahren. Zur Erleichterung der Befahrung wurde der Zentral – Schacht 1990 für den Selbstfahrbetrieb automatisiert. Das seit 1989 leerstehende Knappenhaus wurde im Winter 1999 abgebrochen. Nach Verlegung der Obertaganlagen zum Kaiser Franz Josef – Erbstollen wurde der Fremdenbefahrungsbetrieb im Maria Theresia – Stollen während der Sommermonate trotzdem weiter betrieben, zum Teil neugestaltet und 1993 in der ehemaligen Schmiede auch ein Schauraum mit Exponaten und Schautafeln aus dem „Technischen Museum“ Wien über die Salz- und Solegewinnung eingerichtet. ​ Am 31. Juli 2000 wurde beim Salzbergbau Ischl der Bergwerksbesucherbetrieb, nunmehr betrieben von der Salinen Tourismus GbmH, aus Gründen zu erwartender, notwendiger Investitionen und wahrscheinlich auch wege n zu geringer Besucherfrequenz, eingestellt. Vordergründig wurde die Verwüstung der Zufahrtsstraße durch einen Orkan als Schließungsgrund in der Öffentlichkeit genannt. Die bis zu 40.000 Besucher, die jährlich das Pernecker Schaubergwerk besuchten, sollten nach Hallstatt oder Altaussee wechseln. Verwendete Quellen: Carl Schraml „Das oberösterreichische Salinenwesen von 1750 bis zur Zeit nach den Franzosenkriegen“, Wien 1934 Carl Schraml „Das oberösterreichische Salinenwesen von 1818 bis zum Ende des Salzamtes 1850“, Wien 1936 Ischler Heimatverein „Bad Ischl Heimatbuch 2004“, Bad Ischl 2004 Leopold Schiendorfer „Perneck – Ein Dorf im Wandel der Zeit“, Linz 2006 Johann Steiner „Der Reisegefährte durch die Oberösterreichische Schweiz“, Linz 1820, Reprint Gmunden 1981 L. Janiss „Technisches Hilfsbuch für den österreichischen Salzbergbaubetrieb“, Wien 1934 Georg Kanzler „Ischls Chronik“, Ischl 1881, Reprint Bad Ischl 1983 Michael Kefer „Beschreibung Hauptkarten des kk Salzberges zu Ischl“, 1820, Transkription Thomas Nussbaumer, Stand 13.09.2016 Friedrich Idam „Maria Theresia Stollen“, Manuskript Internet Ivo Rotter „Ischls Salzsegen“, Bad Ischl 1962 Kurt Thomanek „Salzkörner“, Leoben 2007 ​ ​1772 erneuerte das Ischler Verwesamt seinen Antrag auf Genehmigung des schon vor drei Jahren erwogenen neuen Bergaufschlages, „weil die oberen Berge allgemach zusammengehen und außer Genuss kommen“. Zum Nachweis des sich in die Tiefe erstreckenden Salzstockes wurde vom damals tiefsten Stollen, dem Kais er Josef Stollen, der Verweser v. Khiebach – Schurf abgeteuft. Dieser Vortrieb zeigte, dass der Salzstock noch mindestens eine Bergdicke von 30 m in die Tiefe reichte. ​ Dem Ansuchen wurde nun rasch stattgegeben und am 26. September 1775 in Anwesenheit des damaligen Salzoberamtmannes Josef Barthol Edlen von Riethaler unter großen Festlichkeiten der neue Kaiser Franz Stollen, ab 1808 in Kaiserin Maria Theresia – Stollen umbenannt, angeschlagen. Der Maria Theresia Stollen hatte eine ursprüngliche Höhe von 1,95 m und eine Breite von 0,95 m; daraus ergab sich eine Querschnittsfläche von rd. 1,9 m². Sein Gefälle beträgt 2,4 %. Das anstehende, harte Kalkgestein erlaubte einen durchschnittlichen Jahresvortrieb von lediglich 18 Stabel oder 21,50 m, dies entsprach einem Tagesvortrieb von nur 10 cm. Zum raschen Vortrieb der Hauptschachtricht wurden mehrere Gegenbaue in Betrieb genommen. 1776 wurde vom Kaschnitz – Schurf berg- und tagwärts der erste Gegenbau angelegt. 1777 traf man beim bergseitigen Vortrieb dieses Gegenbaues auf einen starken Wasserzutritt, der die weiteren Arbeiten massiv erschwerte. Das zufließende Wasser musst händisch über den Kaschnitz – Schurf nach oben in den Kaiser Josef – Stollen gehoben werden. Als 1778 auch am tagseitigen Vortrieb ein starker Wasserzufluss angefahren wurde, musste dieses Feldort, um einen raschen Durchschlag mit dem Vortrieb vom Tag aus zu machen, mit mehr Häuern belegt werden. 1779 erfolgte der Durchschlag zum Gegenort und so konnten ab sofort die Stollenwässer problemlos über die neue Hauptschachtricht nach Obertage abfließen. Ein zweiter Gegenbau wurde vom Pizza – Schurf tagwärts angelegt, wo man ebenfalls Wasser antraf. Dieser Wasserzutritt machte jedoch keine großen Probleme, weil man bereits 1779 mit dem Feldort des vom Kaschnitz – Schurf bergwärts geführten Vortrieb zum Durchschlag kam. 1780 wurde schließlich ein dritter Gegenbau vom Salzoberamtsrath Hintermayr – Schurf tagwärts und vom Pizza – Schurf bergwärts angelegt. 1781 wurde vom Hintermayr – Schurf tagwärts am Gegenbau –- Feldort ein Wasserzutritt angefahren, der so stark anwuchs, dass man das Wasser über den Hintermayr – Schurf ansteigen und auf der Kaiser Josef – Stollen Hauptschachtricht nach Obertage ausrinnen lassen musste. 1781 wurde über den neu abgeteuften Preßl – Schurf der vierte Gegenortbetrieb berg- und tagwärts in Betrieb genommen. Das tagwärtige Feldort kam mit dem vom Pizza – Schurf bergwärts betriebenen Vortrieb 1784 zum Durchschlag. Zum rascheren Durchschlag mit dem, wegen des Wasserzutrittes in Feier stehenden tagwärtigen Feldort beim Hintermayr Schurf, wurde vom Preßl – Schurf bergwärts verstärkt vorgetrieben. 1790 gelangte schließlich der Durchschlag und das 1781 beim Hintermayr – Schurf erbaute Wasser konnte über die neue Maria Theresia – Hauptschachtricht problemlos nach Obertage abfließen. Durch die vier aufwendigen Gegenortbaue konnte trotz der vielen Probleme mit Wasserzuflüssen die 1.335 Stabel (1.591,3m) lange Hauptschachtricht durch harte Kalksteinschichten in 16 Jahren durchgearbeitet und ins Salz getrieben werden. Unweit des Hintermayr - Schurfes wurde beim Streckenvortrieb eine stark schwefelhaltige Mineralwasserquelle angefahren. Nach einem 1819 im Oberamt gefassten Beschluss sollten die Stampfer - und Lichtenfels – Kehr im Maria Theresia – Stollen die Ausdehnung des Salzlagers feststellen. 1777 arbeitete der Salinenbaumeister Panzenberger den Plan des Berghauses und einer Schmiede beim Maria Theresia – Stollen aus. Das einstöckige Gebäude sollte Unterkunftsräume für 37 Knechte und 2 Zimmer für die Aufseher erhalten. Nach einer aus Geldmangel etwas verzögerten Fertigstellung des Gebäudes im Jahre 1778 wurden die alten Berghäuser am Frauenholz – und Elisabeth – Stollen, weil entbehrlich, abgetragen. Die Kernsubstanz des Berghauses nahm eine Grundrissfläche von 15,2 x 9,8 m ein, erreichte eine Traufhöhe von 6,9 m und eine Firsthöhe von 10,7 m. Der zweifach anstehende Dachstuhl war mit Lärchenbrettern beziehungsweise im Traufbereich mit Blechbahnen gedeckt. Zur Illustration der Lebensverhältnisse kann die Tatsache dienen, dass im Erdgeschoß auf 44,5 m² 24 Knechte schliefen, während dem Aufseher allein ein 18,5 m² großer Schlafraum zur Verfügung stand. Im Jahre 1783 wurde das Knappenhaus auf dem sogenannten „Steinbalfen“ erstmals bezogen. 1823 wurde am Mundloch des Maria Theresia – Stollens eine Verwässerungsstube errichtet, um das ausgeförderte salzhaltige Hauwerk noch auslaugen zu können. 1847 befand sich die Klebelsberg – Kehr zur Erschließung des Salzlagers gegen Südosten im Vortrieb. Zur Förderung des bei Werkssäuberungen anfallenden Werkslaists wurde in der Maria Theresia – Hauptschachtricht 1841 auf Initiative von Salinendirektor Franz Ritter von Schwind eine Förderbahn mit einer Spurweite von 606 mm angelegt. Die gefüllten Wagen rollten selbständig aus dem Stollen, während die leeren Hunte von einem Arbeiter einwärts geschoben werden konnten. Dadruch konnte die bisher praktizierte Laistausschwemmung mit ihren recht unangenehmen Begleiterscheinungen aus der Grube verdrängt werden. Allerdings musste für die Förderbahn das Gefälle der Hauptschachtricht durch eine kostspielige Sohlregulierung vorher ausgeglichen werden, um das Ansteigen für die einwärts fahrenden großen Hunte zu reduzieren. Der Klafter Eisenschienenbeschlag kostete 1 fl. 25 kr. Für die ersten Versuche kamen zum Beschlagen des Holzgestänges unbrauchbar gewordene Füderltragstangen von 1 Zoll Breite (2,6 cm), ¼ Zoll (65 mm) Dicke und 6 Fuß (2 m) Länge. Die Hunte besaßen Räder von 14 Zoll (36,8 cm) Durchmesser und einen Fassungsraum von vier bisherigen Truhen. Die Spurweite betrug 23 Wiener Zoll (606 mm). Bei ausgeglichenem Gefälle rollten die gefüllten Wägen von selbst langsam heraus, die leeren Hunte konnten von einem Mann einwärts geschoben werden. Der Fürsorge des Salinendirektors Schwind verdankt der Ischler Salzberg schließlich noch die Ausgestaltung der Werksgebäude beim Maria Theresia Stollen. Die dortige Bergschmiede war 1840 dem Verfalle nahe, ein Neubau unaufschiebbar geworden. Der weitgehende Umbau der Bergschmiede und des Berghauses erfolgte 1843 – 1845 nach Plänen des Salinenzeichners Drexler. Der Bau des neuen Berghauses in der Nähe des Maria Theresia Stollens fällt in die Zeit um 1850. Der Bauplan enthielt Wohnungen für den Bergschaffer und einen Aufseher, ein Konsultations- und Markscheidezimmer, dann noch eine Zimmerstube und ein Materialraum. Situation der Wehren im Kaiserin Maria Theresia – Stollen um 1850: Insgesamt 6 Wehren, davon 3 in Betrieb und 3 in Auffahrung. Kolloredo - Wehr, Stampfer – Wehr und Köhler – Wehr (alle in Betrieb); Hocheder – Wehr und Berghofer - Wehr (jeweils Lang- und Sitzoffen in Auffahrung); Suda - Wehr (Langoffen in Auffahrung). 1850 genehmigte die Bergbaudirektion die Abteufung des Werner – Schachtes vom Elisabeth – auf den Maria Theresia – Stollen. Der von Salinendirektor Schwind an Stelle des Förderhaspels bei der Werkssäuberung eingeführte Wassertonnenaufzug gewann am Ischler Salzberg besondere Bedeutung für die Zubringung von Werkslaist über den Wiesner – Schacht als Versatz in die Verbruchsräume der oberen Horizonte. 1847 verbesserte Schwind diese Förderungsart durch den Gewichtsausgleich mittels endlosem Seil oder Kette. Die über dem Maria Theresia Horizont noch in Abbau befindlichen Stollen wurden 1930 aufgelassen, nur der Amalia Stollen wird zwecks Ableitung der Raubwässer weiter offengehalten. Am Ischler Salzberg gingen umfangreiche geologische Arbeiten der im Jahre 1948 anberaumten Hauptbefahrung voraus. Wie seit 100 Jahren in Salinenbetrieben üblich, wurden bei dieser Gelegenheit die Betriebspläne für die nächsten 5 Jahre festgelegt. Die Zuleitung der für den Wässerungsbetrieb benötigten Wasser sowie der Transport von Betriebsmitteln auf die einzelnen Horizonte sollte in einem im standfesten Gebirge abgeteuften Blindschacht verlegt werden. Zu diesem Zwecke wurde der Maria Theresia – Stollen auf ein für den Lokverkehr geeignetes Profil nachgerissen und Querschläge von den einzelnen Horizonten zum geplanten, neuen Schacht erstellt. Dadurch sollte der Betrieb vereinfacht und verbilligt werden. Ein Ereignis der besonderen Art war die Lieferung der ersten Grubenlok zum Maria Theresia Stollen. Im Winter 1951/52 begannen die Nachrissarbeiten und Torkretierung dieses Hauptstollens. Für die Förderung wurde eine Ruhrthaler Grubenlok mit Dieselbetrieb gekauft. Die Grubenlok der Type GZ 22 hatte 22 PS und ein Dienstgewicht von 5,3 t. Zum Zeitpunkt der Anlieferung war der Perneckfuß aus Witterungsgründen nicht befahrbar und die 5,3 t schwere Lok musste in der Au abgeladen werden. Sie wurde mit vielen Menschen, Pferden und Ochsen über den Perneckfuß zum Maria Theresia Stollen befördert. Die Ruhrthaler Grubenlok diente neben Grubenförderung auch viele Jahrzehnte zur Beförderung der Besucher des Schaubergwerkes. Sie wurde erst 1982 durch eine 40 PS starke Jenbacher Diesellok der Type DH 40 G ersetzt. Im Juli 1954 gab es ein großes Hochwasser. Unterhalb des Maria Theresia – Stollens hatte sich durch die Halde ein großer Stausee gebildet. Diese war durch die für den Lokbetrieb nötige Erweiterung der Maria Theresia – Hauptschachtricht übermäßig stark angewachsen. Während der Nacht zum 8. Juli rutschte die gesamte Halde in den Sulzbach und wurde vom Hochwasser mitgerissen. In weiterer Folge wurde die Pernecker – Gipslacke mit dem Gesteinsmaterial gänzlich verschüttet. Der Rest füllte das Bachbett auf, sodass der Sulzbach in Perneck über die Ufer trat. Ab dem Jahr 1957 waren alle Laugwerke der Pernecker Stollen über dem Leopold – Stollen und somit auch im Maria Theresia – Horizont ausbenützt und die in den tiefer liegenden Horizonten erzeugte Sole wurde seither über den Franz Josef Erbstollen abgegeben. Situation der Wehren im Kaiserin Maria Theresia – Stollen um 1966: Insgesamt 22 Wehren, nur mehr Wallner – Wehr in Betrieb, alle anderen totgesprochen. Ott - Wehr, Wallner - Wehr, Heger - Wehr, Prinzinger - Wehr, Schnabl - Wehr, Kelb - Wehr, Hocheder - Wehr, Klein - Wehr, Grüner - Wehr, Suda - Wehr, Schedl - Wehr, Schernthaner - und Flechner - Wehr (verschnitten), Kolloredo - Wehr, Arbesser - Wehr, Buschmann - Wehr, Stampfer - Wehr, Stapf - Wehr, Köhler - Wehr, Posch – Wehr sowie Rittinger – Wehr und Berghofer – Wehr als Fremdenwerke. Nach der Stollenerweiterung konnte in den Jahren 1957 bis 1960 der Zentralschacht vom Maria Theresia – Stollen zum Franz Josef – Erbstollen mit einer Höhe von 203,8m durch eigenes Personal abgeteuft werden. Der Zentralschacht stellt die Verbindung der Pernecker Stollen mit dem Franz Josef – Erbstollen bei Lauffen her. Dadurch konnte, nach Auslaufen des Laugbetriebes im 1. Tiefbau, der keinen Anschluss an den Zentral – Schacht hatte, der aufwendig zu erhaltende Distler – Schacht ab etwa 1990 aufgelassen werden. Am 1. Juli 1989 übersiedelte der Bergbaubetrieb nach 426 Jahren ununterbrochener Bergbautätigkeit für die Pernecker – Stollen vom Knappenhaus beim Maria Theresia – Stollen zu den neuerrichteten Betriebsanlagen beim Franz Josef – Erbstollen nach Lauffen. Bis zur Absiedlung des Pernecker Bergbaubetriebes konnten die auswärtigen Bergarbeiter im Knappenhaus nächtigen. Im Sommer 1989 bestand die Belegschaft aus 2 Steigern und 26 Arbeitern. Nach der Absiedelung wurde das Grubenrevier Perneck durch den Zentral – Schacht vom Kaiser Franz Josef – Erbstollen befahren. Zur Erleichterung der Befahrung wurde der Zentral – Schacht 1990 für den Selbstfahrbetrieb automatisiert. Das seit 1989 leerstehende Knappenhaus wurde im Winter 1999 abgebrochen. Nach Verlegung der Obertaganlagen zum Kaiser Franz Josef – Erbstollen wurde der Fremdenbefahrungsbetrieb im Maria Theresia – Stollen während der Sommermonate trotzdem weiter betrieben, zum Teil neugestaltet und 1993 in der ehemaligen Schmiede auch ein Schauraum mit Exponaten und Schautafeln aus dem „Technischen Museum“ Wien über die Salz- und Solegewinnung eingerichtet. ​ Am 31. Juli 2000 wurde beim Salzbergbau Ischl der Bergwerksbesucherbetrieb, nunmehr betrieben von der Salinen Tourismus GbmH, aus Gründen zu erwartender, notwendiger Investitionen und wahrscheinlich auch wege n zu geringer Besucherfrequenz, eingestellt. Vordergründig wurde die Verwüstung der Zufahrtsstraße durch einen Orkan als Schließungsgrund in der Öffentlichkeit genannt. Die bis zu 40.000 Besucher, die jährlich das Pernecker Schaubergwerk besuchten, sollten nach Hallstatt oder Altaussee wechseln. Verwendete Quellen: Carl Schraml „Das oberösterreichische Salinenwesen von 1750 bis zur Zeit nach den Franzosenkriegen“, Wien 1934 Carl Schraml „Das oberösterreichische Salinenwesen von 1818 bis zum Ende des Salzamtes 1850“, Wien 1936 Ischler Heimatverein „Bad Ischl Heimatbuch 2004“, Bad Ischl 2004 Leopold Schiendorfer „Perneck – Ein Dorf im Wandel der Zeit“, Linz 2006 Johann Steiner „Der Reisegefährte durch die Oberösterreichische Schweiz“, Linz 1820, Reprint Gmunden 1981 L. Janiss „Technisches Hilfsbuch für den österreichischen Salzbergbaubetrieb“, Wien 1934 Georg Kanzler „Ischls Chronik“, Ischl 1881, Reprint Bad Ischl 1983 Michael Kefer „Beschreibung Hauptkarten des kk Salzberges zu Ischl“, 1820, Transkription Thomas Nussbaumer, Stand 13.09.2016 Friedrich Idam „Maria Theresia Stollen“, Manuskript Internet Ivo Rotter „Ischls Salzsegen“, Bad Ischl 1962 Kurt Thomanek „Salzkörner“, Leoben 2007

  • viasalis Bad Ischl

    経験の歴史 サリス経由 塩の方法 塩は1563年以来バートイシュルで採掘されています。 歴史的なトンネルの入り口、山の教会、鉱山労働者の家、旧シャファーサグ および他の地域は サリス通り 訪問される... 読み続けてください " バート・イシュル と塩 切望されたミネラル塩の祝福は、ザルツカンマーグート全体にかかっていました。したがって、名前は、KammergutとSalzという単語で構成されています... 読み続けてください " IGM 利益団体Mitterbergstollen 2013年から2018年の間に、「Interessengemeinschaft Mitterbergstollen」(IGM)は、かなりの費用をかけて合計12のトンネルポータルを復元しました... 読み続けてください " ニュース プロジェクト:マリアテレジアトンネルで歴史的なのこぎりを保存する この言語で公開された記事はまだありません 記事が公開されると、ここに表示されます。

  • Via Salis Ischl | glueckauf

    6 qwerqwer 1 生理食塩水 2 塩の出荷 3 ワイヤーソース 4 ブナの部屋 5 シュテルツェンの夜の席 6 ホプフガルテン 7 ニュー パーネッカー通り 8位 フブコーゲル 9 リンスコゲル ソレスチューブ 11 石膏採掘 10 マーテル・バックウォルド・マイケル 12 パーネッカー渓谷 - ストラブ 13 パーネック トンネル システム 14 ペルネッカー通り開通記念石 15 Perneckの電源 16 石膏スタンプ 17 ペルネックのダッハシュタイン 18 パーネックミル 1 村の広場 2 皇帝フランツのトンネル 2a ストランド 19 ハイアスンのチームバン 20 ダブルソレスチューブ Au 23 ローザの滝 = 22 コンクリートプラントAu 21 ライトステーションAu 3a ローザの滝 3 皇帝レオポルド・シュトーレン 4 女帝マリア・テレジア・シュトーレン 6 皇后ルドヴィカ・シュトーレン 5 ヨーゼフ・シュトーレン皇帝 7 皇后エリーザベト・シュトーレン 21 モースベルク トンネル 22 Antonius Dickelberger Strasse 25 ピット機関車 ヴィレッジショップパーネック 8位 女帝アマリア・シュトーレン 20 皇帝フランツ・ヨーゼフ・エルブストレン 9 山の教会 18 レーベンブルントンネル 14 ノイベルク トンネル 古いスタインバーグ トンネル 16 17 新しいスタインバーグ トンネル 19 スタインバーグのこぎり 10 女性用ウッドスタッド 11 リップルスグラーベン トンネル 11a 高水トンネル 12 ジョン・シュトーレン 13 マティアス皇帝のトンネル + 鉄鉱石 11b メインチャンネル 15 ミッターベルク トンネル 4 女帝マリア・テレジア・シュトーレン Jubiläumswarte Hinterradrunde Hinterrad Runde Stationsbeschreibungen Reinfalzrunde Reinfalz Runde Stationsbeschreibungen Soleleitung Ischl 面白い: サンドリング地滑りの 100 年 ハットネック ラック式鉄道 ムーアウォーターソルト 暗い瞬間: 美術品の回収 1944/45 イシュル 私たちへの方法: ガイド付きツアーに興味がありますか? 電話またはメールでの登録 ​ 067761168967 Horst Feichtinger horst.feichtinger@gmx.at

  • Igm | Via Salis Bad Ischl

    IGM - I nteresseng emeinschaft M itterbergstollen Arbeiten 2023: Presse ViaSalis 2023.pdf Juli 2023 - Ischler Woche: Dunkle Momente am Ischler Salzberg - Kunstgüterbergung 1944/45 DMIS 2022 年 5 月 - アッパー オーストリアのニュース: IGM メンバーはバート イシュル市から文化栄誉証明書を授与されました Arbeiten 2022: Arbeiten 2021: 2021年7月7日:新しいショールーム 「ブラインストリーク」 2021年5月12日:「ピンクの滝」 2021年5月:ザルツカンマーグートの記憶 2020年6月:VIASALISの新しいショー 2020年6月:1920年のサンドリング地すべりに関する報告 2020トンネル口エリザベス散水ピットがVIASALISのために発見されました: 2020年:「VIASALIS」の第3シーズン 26.10.2019 イシュルハイキングの日2019年10月26日 開会式7.9.2019 開会式VIASALISと村の広場の印象 マリアテレジア情報ボード2021 サリス2021経由の様々な作品 作業ショールームブラインライン2021 ローザの滝2021 村の広場を修理する2020 2020を見た エリザベス散水洗掘2020 ミッターベルクトンネル2013 ルドビカトンネル2014 Lipplesgrabenトンネル2015 女子木製シュトーレン2016 ノイバーグトンネル2016 新しいスタインバーグトンネル2017 マーテル2021 マリアテレジア階段2021を無料でカット キルヒェンフェルト2021をクリア Rinnwerkbergen2020のコンクリート要素 排水2020 ヨハネストンネル2014 マティアストンネル2014 エリザベストンネル2016 Josefstollen 2016 オールドスタインバーグトンネル2017 Rabenbrunnトンネル2017 モースベルクトンネル2018 詳細作業実績Moosbergstollen2018 VIASALISパスは機能します サリステーマトレイル2018経由 VIASALISプレス 11.2019|カルチャーレポートオーバーエスターライヒ

  • Wanderführer Via Salis | glueckauf

    VIASALISバートイシュルへのハイキングガイド ​ ツアーの64ページに集中情報。 ​ トンネルのそばのボードの情報については、ハイキングガイドにさらに多くの詳細があります。 ここでは、個々のトンネル、地質学、信仰、教会、ザルツカンマーグートの人々の創意に富んだ精神、テクノロジーに関する歴史的情報について詳しく説明します。 ​ セール: バートイシュルにあるSalinenTourismusGmbHのソルトワールドショップ(Kaiser-Franz-Josef-Straße) Tourismusverband Bad Ischl、Auböckplatz5-ポンプ室、A-4820 Bad Ischl ​注文は私たちと一緒に行うこともできます:Tel。No. 067761168967 、Eメール: horst.feichtinger@gmx.at ​ 価格: €5.00 Hier gibt es das Buch: Ischler Heimatverein, donnerstags 9 – 12 Uhr Salzkammerguttouristik Götzstraße Tourismusverband Trinkhalle Buchhandlung Thalia, Pfarrgasse

  • Ischler Salzberg | Via Salis Bad Ischl

    IschlerSalzbergのトンネルの概要 姓 攻撃 長さ 海面 ミッターベルクトンネル* 古いスタインバーグトンネル* Lipplesgrabenトンネル 下の水の山 ノイバーグトンネル Mooseggテストギャラリー* マシューシュトーレン ロスムーステストギャラリー ミッターベルク-水路トンネル 女性の木のスタッド アマリアシュトーレン 高水山 レーベンブルントンネル* エリザベスシュトーレン 新しいスタインバーグトンネル* ジョン・シュトーレン Hubkoglテストトンネル テストギャラリーRehkogl 中水山 ルドビカ・シュトーレン ジョセフ・シュトーレン マリア・テレジア・シュトーレン レオポルドシュトーレン フランツシュトーレン Langmoos排水トンネル フランツ・ヨーゼフ・エルブストレン 1563 1567 1567 1567 1571 1577 1577 1584 1596年 1610 1687 1689 1692 1712年 1715年 1725年 1725年 1725年 1738年 1747年 1751年 1775年 1794年 1794年 1858年 1895年 197 938 236 100 1464 364 740 702 1073 40 1000 750 284 487 54 1013 1195 1590 1800 884 57 2860 886 852 1000 1024 909 625 959 894 880 851 1114 800 812 862 991 1030 764 722 680 643 588 503 塩採掘の16のトンネル 塩採掘のない1つのトンネル (フランツトンネル、1794年) 5つの水路トンネル (Perneckerに4つ、Lauffner岩塩ドームに1つ) 4つのテストトンネル 1563年から1895年にかけて26のトンネルが開通 (333年) これらのトンネルには「古い小さな岩塩貯蔵庫」があります(Lauffner Salzstock) 考え方が柔軟な ​ ​ IschlerSalzbergと鉱業全般に関するすべての詳細 Grubenriss Ischler Salzberg 1865 Ischler –Salzbergのマイニングマネージャー ハンス・カルス 1563 - 1571 (アルタウッセから来ています) ​ トーマス・カルサム 1590年頃 マーティン・カルス (マーティン・カルセン) 1648年頃 ​ アブラハムウィブメラム 1664年頃 ハンス・ウィブナー、 ハンス・ウィマーム 1710年頃 ​ アントン・ディクルバーガー 1808 – 1.4。 1838年 ​ フランツ・フォン・シュウィンド 1.4。 1838年 – 1841年7月16日 アロイス・フォン・レホロフスキー 1.12。 1841年 – 1.8。 1847年 ​ ​ ​ ​ グスタフ騎士 1.10。 1848年 – 1849年9月9日 KkHüttenmeisterRitterは、1807年1月5日にオージーで息子として生まれました。 kk PfannhausverwalterJosefRitterの生まれて死んだ 1884年3月27日 アウスゼーのガルテンガッセ4にある彼の家で、今日も 「Ritterhäusel」として知られています。 彼のチェッカーサービスの後-1829年に次のように記録されました 山の学生、彼はエーベンゼー、イシュル、ハライン、ハルシュタットで働いていました。 彼はまたガリシアのkkサリナスで奉仕しました-彼は1851年に HüttenmeisterからAusseeへ。 「Hüttenschaffer」リッターは、1840年に亡くなったときに知られるようになりました。 レンガ窯の建設にデスクファイアリングを導入し、大きな成功を収めました。 彼は薪を節約し、薪を完全に燃焼させることで塩を節約しました より純粋になります。 彼の仕事に加えて、彼は現在のトピックを扱い、それをドローイングに記録しました。彼は「おかしなオオバン」と呼ばれ、彼の適切なジョークの絵で地元で知られるようになりました。専門家は彼を「ヴィルヘルム・ブッシュ・フォン・オースゼー」と呼んだ。 多数のペン画も受け取りました アンナ・プロッフルも彼の芸術を非常に高く評価していました。 HüttenmeisterRitterは、1876年のカーニバルについても興味深い説明をしました。 彼はついに言った: 「....3つの美しい日の思い出、私たちの人生と同じように、誰もが他の人をだまし、隣人をだまして前進するという課題に対処しようとする、重大な夢の集大成です。」 ​ アルバート・ヒップマン17。 9.1849-1。 7.1865 ジョセフウォールマン1865年7月1日-1865年7月8日5. 1873 8月Aigner1873年7月1日–7月1日1.1884 Karl Schedl 1884–1年1月1日。 6.1898 Robert von Possanner 6/1 / 1898–1。 4.1901 アレクサンダーブレッチナイダー 1901年4月1日–1 1.1909年 JosefGriessenboeck1。 2.1909-18。 11.1924 Erich Alfred Kubla 1925年1月26日–8。 8.1925 フランツピクル1926年1月4日–29日。 12.1926 ジュリアス・ロッター1927年1月1日–1 7.1933 ​ Erich Ressel 1933年7月1日–3月31日。 1943年 ​ ​ ​ ​ ​ ​ ポールレペス1/17/1944-31。 7.1945年 Heimo Mayrhofer 1946年1月1日–1956年6月4日 ​ フリードリヒハンペル 1976年1月1日-1978年7月31日 ​ ルドルフ・ノイホールド 1978年 – 1988年 Gerhard Hirner 1988年 - 1993年4月30日 ​ ​ ​ ​ ​ ​ ​ Walter Oberth 1993年5月1日 ​ ​ ​ ​ ​ ​ ​ ​ ​ ​ Horst Sochor 1994年 1994年5月1日から、鉱業会社は合併しました Altaussee、Hallstatt、Bad Ischl、およびザルツカンマーグートを採掘するためのプローブフィールド アーネストガイスバウアー 1994 – 2005 クレードマイケル 2005年から ​​ 使用されたソース: HollwögerFranz、Ausseer Land、Vienna 1956、page 90 and Dicklberger Anton、Salinengeschichte、volume 1、1817、transcripted by Nussbaumer Thomas、Weitra 2018、page375f。 Dicklberger Anton、Salinengeschichte、Volume 2、1817、transcripted by Nussbaumer Thomas、Weitra 2018、page422f。 Dicklberger Anton、Salinengeschichte、第1巻、1817年、Nussbaumer Thomasによる転写、Weitra 2018、389ページ。 Dicklberger Anton、Salinengeschichte、第1巻、1817年、Nussbaumer Thomasによる転写、Weitra 2018、439ページ。 Dicklberger Anton、Salinengeschichte、第2巻、1817年、Nussbaumer Thomasによる転写、Weitra 2018、568ページ。 バート・イシュル市立博物館、1階、ザルツベルク・イシュルの部屋の写真。 Schraml Carl、Saline History、第1巻、178、181、183ページ。 バート・イシュル市立博物館、1階、ザルツベルク・イシュルの部屋の写真。 Schraml Carl、Saline History、第2巻、157ページ。 Thomanek Kurz、塩の粒、Leoben 2007、166ページ。 ​

  • Schulen | Via Salis Bad Ischl

    ソーシャル–学校: 労働者の子供たちの教育のために、コミュニティがサルザムトと共有したカンメルグトルテンに学校がありました。校長は通常両親自身が支払いましたが、事務所は貧しい労働者の学費を支払いました。 バート・イシュラー・ボーデンの最初の学校は、おそらく「フライエン・マルクト・ラウフェン」にあり、そこでは、学校長のハイロニムス・セイフェルダーが早くも1519年に働いていたと言われています。 1550年にイシュルに校長がいたことが知られています。最初の校舎は、1560年にMarkt Ischlに、1567年にLauffenに自治体によって建設されました。 学校を卒業した少年たちにとっては、帝国奉仕または製造業への受け入れが原則でした。ハルシュタットとイシュルのザルツベルゲンでは、息子は通常、同じ奉仕部門で父親を追いかけていました。少年が貿易を学んだ場合、事務所は熟練した職人に料金または見習い料金を支払いました。 18世紀の最後の四半期まで、Kammergutの学校制度は以前と比べて大きな改善は見られず、学校の数が増えただけでした。 1767年には、ハルシュタットとゴイーザーンに加えて、ローフェン、イシュル、エーベンゼー、オーバートラウン、セントアガサに学校がありました。 学校の先生は給料が低かったが、彼らと彼らの未亡人は任務に就いた。彼らの知識は非常に限られていたので、レッスンの主要な主題であったキリスト教を除いて、彼らは子供たちにほとんど教えることができませんでした。結局のところ、校長の大多数は書記官から来ており、彼らの未亡人は授業を続けることを許可されていました。学校長はまた、常に宗教委員会と宣教師の上司と合意して任命されました。 1769年に、サルザムトによって支払われた教区の教師に加えて、イシュルには市場と宗教的な教師がいて、前者とは独立して教え、近隣の教区でキリスト教徒も教えました。 1774年12月6日、マリア・テレジアの下で大規模な学校改革が行われました。 いわゆるささいな学校はすべての教区に設置されるべきです。最初のささいな学校がどのように設計されたかは、Abbot JohannIgnazFelbigerの「CoreandMethodBook」で読むことができます。 「子供たちは午前8時前に学校に集まり、適度にペアで教会に行きます。聖なるミサの後、彼らはまた学校に戻ります。そこで彼らは祈り、名前が読み上げられます。 3/49から½10まで、小さな生徒は文字を知り、綴ることを学びます。 ½10から½11までカテキズムが読まれます。 ½11が祈られ、½12まで算数の指導と練習をしている算数の学生を除いて、学生は解雇されます。」 Kammergutortenの学校は、政府によって作成された統一されたカリキュラムに従って些細な学校として1774年以降継続され、認定された教師によってのみ管理されていました。教師は、教授法を習得するためにリンツに旅行し、地元の師範学校でコースを受講し、それを完了した後、試験を受ける必要がありました。 イシュルのささいな学校では、教師用のステップと2つの黒板が付いたイーゼルを備えた、校長のアパートとは別の1つの教室しか必要ありませんでした。 年長の子供たちが家事を完全に奪われないように、子供たちが朝に出席するだけでよい半日クラスが導入されました。 それ以来、宗教指導はもはや学校長によってではなく、週に2回の専門家によって行われた。 裕福な親は年に1ギルダーの学費を自分で支払わなければならず、貧しい労働者はサルザムトによって支払われ、非常に貧しい子供たちにも教科書が提供されました。公立のささいな学校の維持費は州に下がった。 ささいな学校の後には、より高い学習目標を持つ公立の中等学校または師範学校が続き、ささいな生徒は2年生の後に転校することができました。 1782年、イシュルは不十分になった古い部屋のために新しい校舎を手に入れました。 1816年には、生徒数はすでに400人を超えていたため、3番目の教室と2番目のアシスタントが必要になりました。 1782年、イシュルはトラウンの左岸のメインブリッジ近くに新しい校舎を建てましたが、すぐに混雑しました。緊張を和らげるために、1791年に「ツムファンドル」旅館で最初の学校のクラスがファンドルに設立されました。 1816年、イシュルには2人のティーチングアシスタントと400人(!)の生徒がいる教師がいました。 公立小学校の空席の補充は、各学部の学校長を任命した司教団による看護師事務所の提案に基づいていた。 ささいな学校の校長は永久に雇われました。ささいな学校の教師たちは、公務員や聖職者と対等な立場に置かれました。 生徒の数が1人の教師にとって多すぎる場合、当局は彼に低い給料のアシスタント教師を提供しました。カテキストは特別な給料を受け取っていませんでしたが、彼は宗教的な指導をしたことに対して報酬を与えられました。 1817年の初めに施行された皇帝の命令により、教職員にはかなりの量の余分な仕事が生じました。これによると、学校を卒業した12〜15歳の若者のために日曜日と祝日の繰り返しの授業が導入されました。 。製塩所サービスの申請者は、リピートスクールに通ったことの証明を提出しなければなりませんでした。 成長する女性の若者にとって大きなメリットは、グムンデン、エーベンゼー、イッシュル、ハルシュタット、オースゼー、アルタウッセに編み物学校が設立され、法廷から特別な支援を受けたことです。彼女は授業料を支払い、時には教師を称え、学校に薪を与えました。手工芸の先生が運営する編み物学校にも、塩鍋からの女の子が定期的に通っていました。 1819年には、3人の教師の部屋があるイシュルのささいな学校はすでに小さすぎて、4番目の部屋の接続が必要になりました。しかし、学童の数は増え続け、1825年には、教師と3人の助手がそれぞれ2つの学部を持つ2つの学校のクラスで420人の子供を教えました。そのため、1部屋に規定された最大80名の生徒数を大幅に超え、5番目の教室の調達を延期することはできなくなりました。 1839年、皇帝は11,086ギルダーの改修を承認しました。これには、5番目の教室も含まれていました。それまで、学校は古くて完全に不十分な部屋に収容され、建物は保存状態が悪く、階の高さは低すぎました。 1832年に児童の数が460人に増えたため、4つの学科の各クラスで100人以上の生徒が開催され、教師は煙のためにしぶしぶ過密で不健康な部屋に入りました。ある民家で絶対に必要な5番目の教室を借りるために、博士。ワイラーはその利益に異議を唱えることに同意した。 drワイラーはまた、市場の若い女性を引き受け、1832年にイシュルで完全に彼自身の費用でカンメルグートに最初の手工芸学校を設立し維持しました。早ければ翌年、100人の女の子がそこで無料のレッスンを楽しんだ。 drワイアラーはまた、紡績学校に必要な原材料を購入し、子供たちの利益のためだけに学校の製品を使用しました。彼は最も貧しい人々に服を着せ、勤勉な人々にプレゼントを贈りました。 イシュル近くのファンドルにある小さな村の学校も1835年に拡張が必要であり、新進気鋭の町の学校に優しい住民がそれを求めていました。 1845年に設立され、冬季にオープンしたハルシュタットとエーベンゼーのスープ施設は、製塩業者の学童にとって有益な福祉施設でした。 1869年5月14日、「ReichsVolksschulgesetz」が可決されました。 「各小学校は公立の機関であり、信条に関係なく若者が利用できる。」とりわけ、8年間の義務教育が導入され、教材や学校図書館のコレクションが設立された。 その後、学校制度は大幅に上昇しました。 使用されたソース: カール・シュラムル「アッパーオーストリアの塩は16世紀初頭から18世紀半ばまで機能する」、ウィーン1932年 カール・シュラムル「1750年からフランス戦争後の時代までの上部オーストリアの製塩所」、ウィーン1934年 カール・シュラムル「1818年から1850年の製塩所の終わりまでの上部オーストリア製塩所」、1936年ウィーン イッシュルホームクラブ「バートイシュルホームブック2004」、バートイシュル2004 FXマナート「イシュルとイシュルの人々の...」、バート・イシュル2012 FXマナート「イッシュルとイッシュルの人々から...2.0」、バート・イシュル2016

  • 11 Lipplesgrabenstollen | glueckauf

    11 Lipplesgraben –トンネル スタッド名: 「オーバーンベルク-シュトーレン」、新しいヒルクライムとしての元の名前 Perneck塩貯蔵施設のMitterbergトンネルの上。 「Lipplesgraben-Stollen」、後に地域指定として名前が付けられました。 打たれた: 1567 長さ: 236メートル 高度: 1,001 m 1567年、マクシミリアン2世皇帝の下で、スタインバーグ収容所の「アルテスタインバーグトンネル」とペルネック収容所の「オーバーンベルクトンネル」が攻撃されました。 海抜1,001mに位置するLipplesgrabenトンネルは、塩の貯蔵につながったIschlerSalzbergの最も高い地平線でした。 1575年の山岳調査では、トーベンのオーバーンベルクトンネルの現場と、同じく非常に貧しい山々で、後頭部から掘り下げられた試掘が見つかりました。それにもかかわらず、無駄ではあるが塩が再び見つかることを期待して、メインシャフトをさらに110ステーク(119.5 m)で駆動することが決定されました。 後にリッペルスグラーベントンネルとして知られるオーバーンベルクトンネルでは、パーネッカー塩鉱床が偶然に発見されました。トンネルはReinfalzalmの下のPerneckerキャンプの露頭で開始されたため、ほとんど枯渇したHaselgebirgeにしか近づくことができませんでした。 1577年、14年間の調査の後、特別なものは何も見つかりませんでしたが、Salzamtの鉱業専門家は、Neuhauser(Kehr im Lipplesgraben)トンネルから建設物までのテスト掘削を設計し、下の塩水を排水することを決定しました。 1つのシュトーレン、マティアス–シュトーレン、開いています。 ​ オーバーベルギトンネルのポンピングピットの状況-1600年頃の建物: 合計5つの水道; ノイハウザー–聖フロリアンの曲がり角–、レッテンバッハー– 名前のない穴。 Spillerの穴と名前のない穴のメインシャフトにあります。 Lipplesgrabenトンネルのメインシャフトは、最初に固い石灰岩を128バール(152.6m)通過し、次に不毛の枯渇した岩を45バール(53.6m)通過して塩分限界に達し、そこでノイハウザーベンドが右に伸びました。 ノイハウザーターン 塩の山の深さを調査するために建てられた古い保護観察所があり、次に聖フロリアンとレッテンバッハーの建設と別の名前のない建設がありました。長さ95スタベル(113.2m)のノイハウザーケールのフィールドロケーションは石であり、39スタベル(46.5m)のストレッチがすでに落ちていたので、そこに淡水が浸透しました。 メインシャフトの続きで、マティアス大公トンネルの下にメイン採石場がありました。これは、スピラー建設の内側にある塩山77 Stabel(92.0m)と、後にマティアス大公トンネルによってアンダーカットされた別の名前のない建設のためです。放流堰のために準備されました。また、淡水の流入を防ぐために、主軸の場所に古い試験ピットと堰がありました。 Lipplesgrabenトンネルの長さ-口の穴から現場までの主軸は当初4244/8Stabel(506.0m)でした。しかし、199½ポール(237.8 m)がフィールドサイトからフォールバックしたため、225ポール(268.2 m)はまだ開いていました。 メインシャフトの2つの穴も崩壊しました。 Lipplesgrabenトンネルには4つのトレンチがあり、メインシャフトに3つ、Neuhauserベンドに1つ、つまり「メイン会計係Tusch-Schurf」と呼ばれる「LowerWaterGallery」からの排水トレンチがありました。さらに、メインシャフトとノイハウザー-ケールから塩の山々をマティアス大公-トンネルまで探索するための試掘が行われました。 散水に必要な淡水を導入するために、レインファルツの海抜1,024mにあるLipplesgrabenトンネルの上に「NiederWasserstollen」を設置しました。 Nieder Wasserstollenは、タウベン山脈で75 Stabel(89.4m)の長さで運転され、31 Stabel(37.0m)の長さの水飲み場を介して、LipplesgrabenにあるNeuhauser-Kehr-aditに接続されていました。淡水は、日中に排水ピットの上にある泉から集められ、垂直の木製パイプを通してこのピットに運ばれました。 1654年頃、Lipplesgrabenトンネルはほぼ完全に排水されました。この時から、トンネルは真水を排水するためだけに開いたままにされ、下のトンネルに損傷を与えることはありませんでした。 1739年に、レインファルツに横方向の開口部があり、山の間の排水システムが拡張された「中水ギャラリー」が建設されました。 この新しいトンネルでいくらかの水が作られましたが、淡水がまだフラウエンホルツトンネルのストロイベル堰とスッツェン堰に浸透していたため、期待された成功は達成されませんでした。 Lipplesgrabenトンネルでの水掘りによって水へのアクセスがうまく封じ込められたのは1769年になってからでした。 1769年、Hofkammerrat Gigantは、LipplesgrabenトンネルによくまとめられたFrauenholzトンネルに浸透した地表水を発見しました。雨水の堆積から塩の貯蔵を保護するために、Rainfalzの日中のエリアと山の間は、排水溝と側溝の密なネットワークによって交差していました。これを減らすために、Verwesamtは1795年に、レタスの上を流れる排水システムの部分、つまり水不透過性の地面を放棄することを決定しました。ここでは、地表水の侵入の恐れはありませんでした。 1820年頃、Lipplesgrabenトンネルは、いくつかの水口を作成することにより、このトンネルに建設された淡水の換気と排水のために開いたままになりました。 1842年に排水管が移転された後に不要になったこれらの接続構造は開いたままにされました。これらには、「Niedere Wasserberg-Schachtricht」とWasserschurf(Niederer-Lipplesgrabenの水路トンネル-トンネル)、後部のLipplesgraben-とStが含まれていました。 ヨハネス-トンネル、マティアスの一部のストレッチ- とNeubergトンネル、およびFrauenholzトンネルのKößler変換。 1892年、帝国財務省は、1567年に開通したLipplesgrabenトンネルの近くにあった木造の小屋の代わりに、石積みで作られた労働者用の宿泊施設の小屋の建設を承認しました。ランドプラークの建設費は934fl70 Kr。でした-インサート番号1023、KG Perneck、BP。サイズ32m²のNo.18。 1950年まで、「レインファルツと山の間の石と木造の水路」は毎年イシュル塩鉱山によって修理され、建設作業員はリップルスグラーベントンネル近くのトンネル小屋に住んでいました。 1933年12月31日、LipplesgrabenトンネルのNeuhauser-KehrとWasseröffenは閉鎖され、閉鎖されました。最後に、1934年4月3日、放棄されたLipplesgrabenトンネルの適切な封鎖が完了し、主な検査の過程で承認されました。 使用されたソース: カール・シュラムル「アッパーオーストリアの塩は16世紀初頭から18世紀半ばまで機能する」、ウィーン1932年 カール・シュラムル「1750年からフランス戦争後の時代までの上部オーストリアの製塩所」、ウィーン1934年 カール・シュラムル「1818年から1850年の製塩所の終わりまでの上部オーストリア製塩所」、1936年ウィーン ヨハン・ステイナー「オーバーエスターライヒのスイスを旅する仲間」、リンツ1820、グムンデン1981を復刻 マイケル・ケファー「kk Salzberg zu Ischlの主な地図の説明」、1820年、ThomasNussbaumerによる転写、2016年9月13日現在 アルフレッド・ピヒラー「Lipplesgrabenstollenhütte」、LFHリンツ、2003年 アントン・ディクルバーガー「オーバーエスターライヒの塩鍋の体系的な歴史」、第1巻、イシュル1807、トーマス・ヌスバウマーによる転写、2018年6月現在

  • 01 Perneck Dorfplatz | glueckauf

    01パーネックビレッジスクエア スタッド名: IGM-スタッド 投稿: 2019年 長さ : 1メートル 高度: 590メートル ​ 塩が見つかりません。 村の広場にあるサリス通りの案内板:

  • Ernährung | Via Salis Bad Ischl

    社会–栄養: 塩労働者の必要性と貧困は、すべてのトンボと条例で繰り返し強調され、さまざまな特権によって緩和されています。労働者は税金の支払いを免除され、罰金を科すことは許されず、違反は水とパンで塔に投獄されることによってのみ罰せられました。また、ウィルデンシュタインの看護裁判所が、グムンデンの当局者の知らないうちに塩産業に関係する人々に刑を宣告することも禁じられていました。 当時の好戦的な時代のカンメルグートの住民にとって特に価値のある利益は、軍事地区からの免除でした。これにより、オーバーエスターライヒの他の地域がしばしば負担しなければならなかった要求の通常の高い負担を免れました。 ウィーンで頑固に抵抗されていた賃金を上げないために、労働人口の生活費を可能な限り削減し、あらゆる面で食料価格を抑え、可能な限り上昇を防ぐための努力がなされました。価格上昇の時代。 17世紀には、労働者は自分と家族のために、穀物、肉、ラード、卵、牛乳、ビート、カブ、キャベツ、キャンドルのために1週間に約100個のクルーザーを必要としていました。ハルシュタットの鉱夫は、アイゼンハウアーでない限り、家計に絶対に必要な食料を賃金で賄うことができ、衣服、リネン、靴のために何も残されていなかったため、強制され、通常は追加収入の木工品を稼ぐこともできましたまたは製塩業者から。 現時点でのカンメルグート人口の貧困は、食料の量からも見ることができます。これは、当時と現在の1週間の賃金の価値に相当します。 労働者は彼の週給で買うことができます/できます: 穀物(小麦粉) ………………………………41.5kg 1524 …………………………。 2016年348kg 澄ましバター ………………………………。 4.8kg 1524 …………………………。 2016年50kg 牛肉 ………………………………19.3kg 1524 …………………………。 2016年35kg 1524年頃の最初の改革名誉毀損の時点では、肉は現在の2倍しか高価ではありませんでしたが、パンと脂肪は約10倍の費用がかかりました。 Kammergutはそれ自体を養うことができず、魚を除いて、海外からすべての重要な食物を入手しなければなりませんでした。穀物の後、主に主権政府が適切かつ安価に調達するための重要な目標であったのは肉でした。 パンの穀物は、空になったサルジレンの返送貨物として安価にカンメルグートに運ばれました。これは、帝国の商品として、輸送中にすべての税金が免除されたためです。穀物の販売は厳しく規制されており、公務員はそれを取引することを許可されていませんでした。売り手、主にグムンデン、イシュル、ローフェン、ハルシュタットの市民は、メッツェン(62リットル)の穀物あたり6クルーザー以上の利益を上げることはできませんでした。 ソルトオフィスは、公式倉庫に保管されている穀物が常に十分に供給されていることを確認する必要がありました。ザルツカンマーグートの穀物供給をより確実にするために、トラウン川とクレムスミュンスターの背後にある山々の間の地域は解放され、「このホフマークの誰も穀物を他の場所で販売せず、すべてをグムンデン市場に直接持ち込む」ことを禁止しました。 購入者をだましから守るために、法廷書記官の事務所で標準的な措置がとられ、「貧しい労働者がだまされないように」商人から四半期ごとの検査が命じられました。 サルザムトが購入した穀物は帝国の使用人にのみ与えられ、他の居住者はグムンドナーの毎週の市場の供給と彼ら自身の購入に依存していました。 受益者は常に市場価格と原価を下回る穀物を受け取り、乗組員と帝国の仕事の間の絆を強めるだけでなく、政府を他の方法で不可欠な賃金の引き上げから解放しました。 塩産業にとって特に重要なのは、カンマーグートに到達した穀物がそこで消費され、国境を越えて再び輸出されないことでした。主にザルツブルクを対象とした厳格な輸出禁止は、正当な理由で十分な注目を集めておらず、グシュット峠を介した穀物の密輸を防ぐこともできませんでした。早い段階で、アブテナウとハルシュタットの間で活発な交流がありました。ハルシュタットの人々は牛を飼うことができなかったのでラードとチーズを必要としていましたが、アプテナウの人々は塩と穀物を必要としていました。穀物は山岳地帯のザルツブルクで非常に価値があり、密輸取引の対象となりました。 ザルツブルクへの穀物の大規模な密輸により、グムンデンの毎週の市場で穀物の価格が上昇し、生活費が高くなり、ザルツブルクは無関心でいられませんでした。その後、密輸業者に精力的に取り組み、1700年にゴーザウへの道に警備小屋と障壁を建設し、当局が自分でパスポートを発行することを禁止し、禁止されている貿易の監視を強化しました。しかし、ザルツブルクへの密輸は続いた。 1739年、シュヴァルツァーは一団となって国境にやって来て、イシュルチームによって増強されていた国境警備隊に血なまぐさい戦いを繰り広げました。 1742年に新たに発行された市場規制によると、穀物は公開市場でのみ取引でき、旅館や郊外では取引できませんでした。グムンデンのウィークリーマーケットで旗が広げられる前は、誰も穀物を購入することはできませんでした。それから、グムンデン、ハルシュタット、ラウフナー、イシュラー、エベンセアの番でした。旗が下げられた後にのみ、訪問者の穀物は購入を許可されました。 Salzamtが購入した穀物は、Gmundner Hofkastenに保管され、その管理はHofkastnerに割り当てられました。年間売上高は受益者の数に依存し、18世紀には平均24,000ハンドレッドウェイトに増加しました。 Hofkornは、1654年以降、多くの時間を失った労働者の要請により、当初は毎週配布されていました。 1720年には、合計1,910人が穀物を栽培する資格があり、週に約3/10メッツェン(18.5リットル)の穀物を受け取りました。 公式の穀物管理とは対照的に、牛の購入と屠殺は地元の肉屋に任されていましたが、裁判所の商工会議所は補助金を与えることで販売価格のレベルに決定的な影響を与え、肉屋は見つけるために公式に価格を設定します。 肉が切望されていたように、それはKammergutの人口の主食にはなりませんでした。とうもろこしは小麦粉の食事に慣れていましたが、ラードを脂肪として追加しないとできませんでした。そのため、肉よりもラードの方が重要でした。内側のSalzkammergutは、ラードの大部分をAbtenau地域から調達しました。この地域の住民は、塩、穀物、ワインと引き換えにラードを精力的に取引していました。裁判所の書記官の事務所がアプテナウとの物々交換を単独で担当している限り、労働者はラードに不足することはなく、すぐにハルシュタットの市民も地元住民のニーズを考慮せずにこの儲かる貿易に関与しました。 アブテナウアーラードもローフェンとイシュルに行きましたが、彼らはバターとラードの必要性を、自由に取引されていたグムンドナーウィークリーマーケットで賄うことができました。 ワイルドスタイン裁判所の最高責任者でもあったサルザムトマンは、エーベンゼーの居酒屋にビールを供給していたオルトの醸造所であるカンマーグートの経済のすべての部門の世話をしなければならなかった、彼はワインの購入を決定しました穀物が不足したときにブランデーを蒸留することを禁じました。最後に、ソルトオフィスは労働者に有利な中産階級の貿易にも影響を及ぼしました 塩茹でに従事する公務員、熟練職人、労働者は、家庭で必要なだけの塩を無料で常に受け取っています。鉱夫と薪割り機、そして主権者に奉仕していたチャンバーエステートの他のすべての住民は、ボイラーに参加して無料の塩を手に入れました。割り当ては寛大で、小さな農場のニーズには十分でした。おおよその計算によると、17世紀に住んでいたKammergutは、家族の1人あたり年間30ポンドの塩分を受け取りました。これは、実際の必要量の2倍以上です。 「Mußsalz」という名前は、Kammergutの塩産業に奉仕するという受領者の義務に由来しています。 ムサルツの権利を与えられた人々、そして彼らの数は数千人に達しましたが、通常、家庭で使用されなかった残り物とは、それらを売るよりも良いことは何もありませんでした。 。塩局はこの取引を最も長い間監視していましたが、これは彼ら自身の塩の消費に著しく影響を及ぼしましたが、1706年になって初めて法廷が問題を取り上げ、影響を受けた人々の抵抗により、各家族のために年間12ポンドまでの強制塩。 1737年以降、商工会議所のすべての場所で毎年塩の説明があり、すべての受益者とその結婚状況を記録する必要があり、配られる塩の量を計算するために使用されました。 18世紀半ばまでに約24,000メッツェンがあったホフコーンに対するサルザムトの需要 (1,100トン)年間で、その後の期間に大幅に増加しました。 この理由は、受益者数の増加、製塩所の許可されていない従業員への一時的な穀物援助、オージーのハラムトとザルツブルクへの穀物税、そして戦時中の自国軍と外国軍の供給でした。 。 1815年には、72,000人の肉屋(3,350トン)の穀物が必要でした。 そのような量の穀物の恒久的な調達は、かなりの困難を伴いました。 1700年以降、ハンガリーからの穀物輸入は、チャンバーエステートのニーズをますますカバーしてきました。穀物は、ハンガリーから大型の塩船で2、3隻の列車に乗って運輸局の指示の下に持ち込まれ、その機関も列車に同行していました。ブラチスラバからリンツへの旅行は26日から28日かかりました。 資格のある労働者への農場の穀物の配達は、最初は毎月行われ、その後、事前の批准(会計)によって6週間ごとに行われました。これは、そうでなければ、労働者が仕事を始めたときに穀物が配達されるのをあまりにも長く待たなければならなかったからです。支払い時に、受け取った穀物の限度額(購入価格)が賃金から差し引かれました。 敵の侵入が恐れられた場合、管理事務所は労働者に賃金と農場の穀物を与えるだけでなく、4分の1年前に制限ラードを与えることを許可されました。 18世紀の終わりにかけての好戦的な合併症の始まりとともに、ザルツブルクとバイエルンとの貿易の混乱が始まりました。ソルトオフィスはしばしばそこからラードを入手せず、帝国の境界内でそれを購入することを余儀なくされました。 1785年、Kammergutでのラードの不足は、人口が亜麻仁油と獣脂を沸騰させるほどに増加しました。 1794年以降、サルザムトはハンガリーからラードを購入することがよくありました。 カンメルグートの人口は18世紀半ばまでに非常に増加したため、求職者の数は労働者の必要性を大幅に上回りました。この不均衡を補うために、ウィーンでは結婚を制限する必要があると考えられていました。ソルトオフィスは、結婚の同意を発行しないように指示されました。これがないと、帝国軍の労働者は結婚することができませんでした。 市場の裁判官は、塩産業に従事しておらず、アラル川に手数料を負担しなかった当事者にのみ結婚許可証を発行する権利がありました。 労働者に結婚の同意を発行するために、さらに正確な指示がソルトオフィスに与えられました。 結婚はいつでも承認される可能性があります: 1.仕事をしていて、農場の穀物を楽しんでいる住居のある居住者。 2.絶え間なく働いていて、不動産を所有していた、農場の穀物を持たない労働者。 3.住宅の代金を支払うのに十分な収入のある優秀な職人。 4.ファームコーンを楽しんだホームレス労働者。 一方、Werkbuben(未熟練労働者)、Tschanderer(臨時労働者)、Kufer(クーパー)、および住宅や資金のない付属品(充填された塩船に置かれた蓋)は、結婚許可証を受け取りませんでした。ソルトオフィスは、結婚の同意を無差別に与えることに対して看護オフィスに警告しました、そのような結婚の子供たちは物乞いまたは泥棒になるでしょう。 1763年の調査委員会は、カンメルグートでの第6戒の頻繁な違反の主な理由は結婚の自由の制限であると結論付けたので、結婚同意の取り消しに賛成した。 1793年の法廷決議は、「結婚は禁止されていないので、非常に多くの労働者が必要とされる商工会議所の地所での結婚は、困難にするのではなく奨励されるべきである」と明確に述べています。 自分たちの囲炉裏の作成は、既婚労働者のニーズから生まれただけでなく、スタッフの地味な性質を望むことしかできなかったため、実用的な住宅建設を促進したソルトオフィスにとっても利点でした。 。第三者のための、つまり個人的な使用のためではない賃貸住宅の建設のみが禁止されていました。 1797年、ホフカマーはカマーガットにもっと多くの家が緊急に必要であることを認識しましたが、木を節約するために石で建てる必要があります。 スタッフは、1825年に法廷で命じられたすべての新婚労働者の家族の穀物の没収によって深刻な影響を受けました。病気や短期休暇の場合、農場の穀物の購入は中断されませんでしたが、休暇が1週間を超えると、対応する割り当てによって減額されました。 農場の穀物の総消費量の40%は家族の穀物でした。ホフカマーは、初期の労働者階級の結婚によって引き起こされた穀物消費の増加を抑えるための措置を講じた。 結婚の数を減らし、申請者の経済状況が確認された後にのみ結婚許可を発行するというOberamtによって提供された許可は、法定の規定の下では認められませんでした。しかし、ソルトオフィスは、雇用したいのかどうか、そして何人の既婚および未婚の労働者を雇用したいかを自由に決定しました。 1848年、ホフカマーはホフコーン税のすべての制限を解除し、安定した労働者ごとに年間8メッツェン(372 kg)の均一な通常税を復活させ、家族の穀物も承認しました。もちろん、穀物税は今や飛躍的に上昇しました。これは、1848年から1849年にかけて、オーシーなしのカメルガットで27,000から44,200メッツェン(2,055トン)に引き上げられたものです。 当事者に与えられる農場の穀物の量を決定するために、穀物の説明が毎年行われ、そこではそれを受け取る権利のある家族と、過去1年間に死亡、供給、またはサービスを離れ、家族の成長のために記録されました。 穀物の収集は、年に8回、6週間と7週間ごとに交互に行われました。 穀物の購入により、労働者は穀物の加工に必要な製粉業者とパン屋に依存するようになりました。彼らとの関係は必ずしも最良ではなく、穀物の価格が下がったため、結果としてパンの価格が高くなりました。パンの価格は公式に規制され、常に監視されていました。 1848年、イシュルの労働者は団結してパン屋と製粉業者に対して暴力的な行動を取り、小麦粉とセモリナの価格を強制的に引き下げました。 1848年には、塩の労働者がラードの購入に顕著な改善をもたらしました。常勤労働者は、賃金等級とカテゴリーに応じて、年間48〜60ポンド(27〜34 kg)のラードを大量生産します。当時のラードセラーでの流通は、農場の穀物の流通と同時に行われ、同じ期限内に、労働者の賃金から制限価格が差し引かれました。少なくとも3頭の牛を飼育できる独自の農場を持つ労働者はラードの購入から除外された。 ほとんどの場合、例外的な場合にのみ、そして緊急援助としてのみ、労働者にポークベーコンも与えられたのは澄ましバターでした。 ​ 使用されたソース: カール・シュラムル「アッパーオーストリアの塩は16世紀初頭から18世紀半ばまで機能する」、ウィーン1932年 カール・シュラムル「1750年からフランス戦争後の時代までの上部オーストリアの製塩所」、ウィーン1934年 カール・シュラムル「1818年から1850年の製塩所の終わりまでの上部オーストリア製塩所」、1936年ウィーン イッシュルホームクラブ「バートイシュルホームブック2004」、バートイシュル2004 FXマナート「イシュルとイシュルの人々の...」、バート・イシュル2012 FXマナート「イッシュルとイッシュルの人々の...2.0」、バート・イシュル2016 ​

  • Frauen- und Kinderarbeit im Salzberg | glueckauf

    塩採掘における女性と児童労働

  • Bergbauheilige | glueckauf

    マイニング聖人 鉱夫の活動は常に多くの問題、ストレス、危険に関連しています。だからこそ、特別な「プロの聖人」の崇拝が鉱山労働者の伝統において主要な役割を果たしているのです。 ​ アルパイン地域の傑出した鉱業聖人は、バーバラとダニエルです。 どちらも信仰の意味が非常に異なっています。そのため、それらは互いに非常によく補完し合っています。 ​ 旧約聖書の最も重要な預言者の一人である聖ダニエル は、中世の最も重要な鉱業の守護聖人でした。 彼のライオンズデンでの3日間の滞在と彼の先見の明のある能力は、すぐに彼をすべての人に人気のあるものにしました ピットセインツ。 ある伝説によると、夢の中でダニエルは木の枝に宝があると言われました。ダニエルはこの巣を探していました 木のてっぺんに銀の卵が無駄に。突然、天使がダニエルに現れました。これは彼を地下に紹介しました ダニエルが実際に銀の豊富な堆積物を見つけた木のもつれ。 この話のおかげで、ダニエルは鉱夫から鉱業の発見者として、そして探鉱と鉱業の教師として認められました。 崇拝されているのを見つけます。ダニエルに与えられた重要性は、初期の鉱業の教科書にも詳しく示されています。 これらの本はすでに500年以上前のものです。 しかし、鉱業科学の成長に伴い、ダニエルの崇拝はますます重要性を失いました。啓蒙時代の鉱夫にとって、預金を探して見つけるときに要求するより高い力はもはやありませんでした。 の衰退 1620年頃から、ダニエルのカルトは聖バルバラの崇拝の高まりに道を譲りました。 ​ 殉教者バーバラ は、脅威、必要性、または危険の時に助けを求めて呼び出されました。ラフで 男性の世界では、彼女は安全と慈悲を約束した女性の要素を具体化しました。 鉱夫の間でバーバラの人気を決定した2つの要因:最初に、彼女は反対の聖人でした 鉱夫が常に直面してきた突然の死。さらに、伝説によると、 バーバラが父親から逃げたとき、バーグは開いた。 おそらく、鉱夫の挨拶「GlückAuf」でさえこのイベントに戻っているのでしょう。一部の人は考える 「神様、ギャップを開けろ!」という意味での「GlückAuf」は解釈できます。 「アーチポインター」ダニエルとは対照的に、バーバラは何よりも「守護聖人」でした。 鉱業における危険。 彼女の人気にもかかわらず、バチカンは1969年にローマの休日カレンダーからバーバラを削除しました。 長い間、厳しい交渉が行われた後、1972年にドイツの地域カレンダーに復活しました。 40年前なら、それは今日とても人気のあるバーバラのお祝いの終わりを意味していたでしょう。 興味深いことに、これらの2つの主要な聖人に加えて、数十人の他の採掘聖人がいました。 これらは4つのグループに分けることができます。 ​ 金属の聖人 水の聖人 火の聖人 特別な仕事をしている聖人 アンナ は古典的な金属の聖人と見なされています。メアリーの母親として、アンナは銀の寄付者と見なされていました。したがって、銀が発見され採掘された多くの場所は、今日でもアナバーグと呼ばれています。 囚人として、聖レオンハルト は重い鉄の鎖を運ばなければなりませんでした。それが彼が鉄鉱夫と旅人の鍛冶屋に尊敬されている理由です。 鉱山労働者は彼らの地下作業で洪水によって絶えず脅かされていました。聖クリストファー は、水を浴びて、適切な保護を与えました。 火の聖人として、聖フロリアヌス は鉱業においても非常に重要でした。以前は、岩はしばしば焚き火によって採掘されていました。火事で山が熱くなり、木槌や鉄で簡単に採掘できるようになりました。しかし、発生するガスはしばしば鉱夫の深刻な中毒につながります。 聖ローレンティウス は特に困難な運命に耐えなければなりませんでした。彼は真っ赤なグリスロンで殉教者として処刑されました。これは製錬所に非常に感銘を与えたので、彼らはまだ彼を守護聖人として祝っています。 さて、特別な仕事をしている採掘聖人のために。 それが使徒アンドリュー でした。特に、彼は鉱山の入り口の保護者と見なされていました。彼の属性である、斜めに交差した2本の木の棒で作られた聖アンドリューの十字架は、今日でも古いトンネルやルートの前、および踏切の前の障壁として見つけることができます。 聖ブリキウス は雪崩からの保護者と見なされていました。彼はビザンチウムから帰る途中に雪崩で聖血のアンプルを持って亡くなりました。名前が示すように、このイベントはカリンシアのハイリゲンブルートで起こりました。タウアーンの古い金鉱山は海抜3000m以上で操業していたため、雪崩は常に危険でした。 最後に、責任のかなり奇妙な領域を持つ聖人の物語、すなわち聖ヴィトゥス またはヴィトゥスの物語。 Vitusはまた、沸騰した油で満たされた大釜で殉教者として苦しんで亡くなりました。 鉱業の聖人として、Vitusは鉱夫が交代勤務で寝坊しないようにする必要がありました。おそらくいくつかの貿易は彼らの傷ついた従者がVitusの苦痛を望んでいた!

bottom of page